3月29日、テレビ東京、ワールドビジネスサテライト(WBS)の個人の特技がお金になる!? 広がる“スキルシェア”サービスに冒頭から出ておりました。

ストアカを介して私はスキルシェア(ワークショップ)を実施しております。

昨今、働き方改革がうたわれており、その絡みでの取材となりました。

企業で勤めて終身雇用という制度も崩壊しつつある現在。
ますます個人でどう働いていくのか問われる時代となります。

私自身メーカーに勤めていた時、リストラの嵐が吹き荒れました。
そんな環境にいるとすさまじいもので、人員不足の負荷が個人にかかり、環境は荒み・・・そんな体験をしてきました。体もメンタルもそこで壊しました。

そこで今後自分はどうしていくのだろうということを真剣に考えるようになり、たまたまその時出会ったのがハンドメイドアクセサリー。

最初はただ作るだけ作りまくってました。
作っては友人にプレゼントしたり、雑貨イベントに出てみたり・・・

たまたまハンドメイドのサイト経由でメッセージが飛んできて「教えてくれないか」とワークショップを扱う団体から声がかかりまして、元々”教える”ということが土壌にあったために、軽い気持ちでワークショップ講師デビューをそこでいたしました。そもそもまた教えることになるのかと唖然。
何故か「教える」ということから自ら去っても、ブーメランのように戻ってくるんです。
これは使命か運命か・・・と大げさですが思ってます。

実施後、受講者が作り上げた作品を見て喜ぶ姿が私もうれしくて、「これは続けたい!」という気持ちになったんですよね。

そこからどうやったら教えることが出来るのかをネットで調べて「ストアカ」を知り、講師登録。
最初は全く受講者が集まらないところからのスタート。どうやったら受講者が集まってくれるだろうと、あれこれ試しました。

ワークショップはゆるやかに最初は月1回。
今でも月2~3回。もう少し多い月もあるかな。

作り物も沢山したい。

ということで昼の仕事はハードな業務はやめて、好きなことに打ち込める環境を整えていきました。

生きがいを感じます。
年収は当然ながら下がりまくってメーカーのOL時代みたいにまったく稼いでませんが(大手はそれなりにもらえていた)、それでも生きがいを感じます。

長い人生かもしれないし、短いかもしれない。
そんな未来のことまでは分からないので、今やりたいことをやり尽くす。

それだけです。

ただし希望や夢はあり、今後やりたいことのビジョンはあります。

テレビに取り上げていただけるなんて思いもよらない出来事。
生きているといろんなことがあるし、まだまだ可能性があるんだなと今回で思いました。

関係者の方々、受講者の方々、友人知人親族、携わってくださった全ての方に感謝です(*^_^*)

撮影風景
ワークショップ作品
<WBS記事&動画(動画は有料)>
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_152258/